2016年4月23日オープン 今井繁三郎美術収蔵館は
「羽黒・芸術の森-今井アートギャラリー」として再出発します

CONCEPT

庄内地域の芸術文化の創造・発信・体験の場として 当施設の前身は洋画家故今井繁三郎が生前に自己の画業を収納、展示するため1990年に建設した個人美術館です。
「芸術、絵画は次の世代のためにある」「子供や若い世代に共有される空間をつくる」という今井の想いを受け継ぎ、さらに皆様に愛される場とするべく2016年春より生まれ変わります。

「アートギャラリー」

江戸中期(元禄2年)の土蔵を移築した美術収蔵館です。 
1F 貸しギャラリー、ホール 2F 今井繁三郎の作品の常設展示

「工房いずみの」(準備中)

今井がアトリエとしていたスペース。芸術家のみならず市民や団体へも貸し出しします。

「羽黒の小さな森」

今井が開拓し自ら木を植えた庭を開放します。アートワークショップ、自然体験の場になります。

ABOUT

羽黒・芸術の森-今井アートギャラリー

所在地 山形県鶴岡市羽黒町仙道字一本松5-175
2016年開館日 4月23日~11月末   土、日、祝日のみ開館
※冬期は休館いたします
開館時間 10:00~16:00
維持管理協力金 大人500円 学生300円  小学生以下無料
団体20名以上 大人400円 学生200円
電話/FAX 0235-62-3667  ※開館時のみつながります